業務内容 Business

業務内容

窯業系・金属サイディング工事

窯業系・金属サイディング工事

外壁カバー工法とは簡単に言えば、今の壁の上に別の外壁材を取り付けていく工法のことです。
外壁カバー工法は、使用する外壁材が大きく2種類あります。「窯業系サイディング」と「金属系サイディング」です。
この2つの違いは、まず素材です。窯業系サイディングとはセメント材を中心に作られている外壁材です。一昔前はモルタル壁の建物が多かったのですが、モルタル壁に変わり新しく出てきたのが、窯業系サイディングです。金属系サイディングの素材はガルバリュウム鋼板とアルミとありますが、アルミ製品の金属サイディングは不具合が多い為に、現在アルミを採用しているメーカー、アルミサイディングをお勧めする業者は少ないと思います。またガルバリュウム鋼板とは屋根材でも使いますが、金属の外壁としても、幅広く使われています。


コロニアル

コロニアル

コロニアル屋根は、セメントと繊維を混ぜ合わせ成形した材料で、現在多く施工されている屋根材です。一般的に安価で、葺き替えなども容易にできるのが特徴です。
一般的な屋根材は新築後10年~20年経過すると屋根修理・屋根リフォームが必要となります。
屋根リフォームをお考えの方は、建て替えまでの年数を考慮し、地震・台風などの災害にも安全で安心できる屋根材を選び、予算に合った屋根修理・屋根リフォームをご検討下さい。


瓦工事

瓦工事

一般住宅から店舗など、屋根瓦の施工を行っています。瓦の葺き替えはもちろん、瓦一枚からでもお取替えいたします。
屋根の修理、リフォーム、また塗り替えなども承っています。屋根のことが気になったら、お気軽にお問い合わせください。


雨樋工事

雨樋工事

屋根の雨水を集め、地上や下水に排水させる役割を担っているのが雨樋です。雨が降らない限り、いや雨が降ってもあまり気にかけることは少ないと思いますが、屋根を伝ってきた雨水が直接、1階部分の屋根や庇、地上に落ちる事になるので雨音が非常に大きくなります。また、屋根に落下してきた雨の全てが破風板や軒、外壁を伝うことになるので、汚れが目立つようになりますし、劣化を早める原因になります。ちょっとした隙間やクラックがあれば、そこから家屋内部に浸入してくるでしょう。水分はお住まいの大敵です。


各種シーリング工事

各種シーリング工事

シーリング工事は外壁の接合部や窓、サッシの周囲や外壁の継ぎ目・隙間に特殊なゴム(シーリング材)を入れ水や空気の侵入を防止するための作業です。
屋内では浴室等の直接水に接する個所にもシーリング防水工事を施します。

株式会社 響(ひびき) お問い合わ

  • 〒901-2405 沖縄県中頭郡中城村字屋宜597-5
  • 営業時間 8:00~18:00 メールでのお問い合わせはこちら